はじめに

AWS SSOで管理している AWSアカウントのCodecommitからクローンしたり
クローンしてきたリポジトリをSourceTreeから操作できるようにする為の
備忘録的な記事です。

環境

  • MacOS
    • git
    • aws-cli

利用サービス

  • AWS
    • Codecommit
  • その他
    • SourceTree

前提

  • 対象AWSアカウントのCodecommitへ リポジトリが作成されている事
  • 対象AWSアカウントの認証情報がaws configureで設定されている事

手順

1. Git Configの設定書き換え

下記コマンドを実行し、Git認証情報ヘルパーがAWS認証情報プロファイルを使用するよう指定

$ git config --global credential.helper '!aws codecommit credential-helper $@'
$ git config --global credential.UseHttpPath true

2. gitconfig を編集

下記コマンドを実行し、.gitconfigを一部編集

$ git config --global --edit

.gitconfig から削除(又はコメントアウト)

# credential.helper=osxkeychain

.gitconfig へ追記

[credential]
helper = !aws codecommit credential-helper $@
UseHttpPath = true

3. クローン

下記コマンドを実行し、クローンする
※ リポジトリURL(HTTPS)はCodecommitのより取得

git clone https://git-codecommit.ap-northeast-1.amazonaws.com/v1/repos/xxxxxxx

4. SourceTreeで利用

[新規…] →[既存のリポジトリを追加]でクローンしてきたリポジトリを選択
※ ここまでの設定に問題なければ、fetch pull等を行えるはず

おわりに

誰かの助けになれば幸いです。

元記事はこちら

AWS SSO CodeCommit+SourceTreeを利用する方法
著者:
@YutoTazoe


アイレットなら、AWS で稼働するサーバーを対象とした監視・運用・保守における煩わしい作業をすべて一括して対応し、経験豊富なプロフェッショナルが最適なシステム環境を実現いたします。AWS プレミアコンサルティングパートナーであるアイレットに、ぜひお任せください。

AWS 運用・保守サービスページ

その他のサービスについてのお問合せ、お見積り依頼は下記フォームよりお気軽にご相談ください。
https://www.iret.co.jp/contact/service/form/