LookerのLookMLコード管理にはGitリポジトリが利用できます。

Connect to a Git repository and integrate it with Looker.

本記事ではBacklog Gitリポジトリを連携する手順をまとめました。

プロジェクトに対しGitの構成

作成したプロジェクトに対しGitを構成します。

リポジトリURLの入力

Backlog GitリポジトリのURLを入力します。

URLはここから取得できます。

次にホスティングサービスを選びます。
Backlog Gitの場合は「Custom Git Configuration」です。

認証情報の入力

ここで設定したリポジトリがあるBacklogプロジェクトに入れるBacklogユーザーのID、パスワードを設定すれば構成は完了です。

但し、この場合LookerプロジェクトでLookMLを編集、コミットしたユーザーをバックログ上のコミット履歴で識別することが難しくなります。
常にここで設定した単一ユーザーでアクセスしていることになるためです。

ちゃんと複数人のコミッターをBacklogのユーザーと紐づけて管理したい場合はもうひと手間必要です。

ユーザー属性の追加、設定

「管理」->「ユーザー」->「ユーザー属性」より、Backlog Git認証のための追加の属性を設定します。

Create and assign custom data to user accounts, and see uses for custom data.

ここではBacklogのIDとパスワードを設定できるように追加のユーザー属性を作っています。

Backlogがユーザー名がLookerのユーザー情報と一致(例えばメールアドレス)するならばID項目の作成は省略できます。
シークレットととなるパスワードは送信先を制限する必要があるので、Backlog GitリポジトリのURLをワイルドカードで指定します。

追加した属性は各ユーザーが個人のアカウントページで設定できます。

これで準備ができたので先ほどの接続設定画面に戻ります。

ユーザー属性を加えてGitリポジトリを設定

「Use user attributes for username and password.」のラジオボタンをオンにし、BacklogユーザーのID、パスワードとそれぞれのDeveloperが認証に使うユーザー属性をプルダウンから選択します。

これで構成完了です。
Lookerプロジェクトで複数人がLookMLを編集してもそれぞれのコミッターが識別されて表示されるようになります!

Backlog Git以外のサードパーティーのGitホスティングサービスを連携する場合も同様の手順でできそうです。

元記事はこちら

LookerとBacklog Gitリポジトリを連携する
著者:@hirosait


アイレットなら、Google Cloud で稼働するサーバーを対象とした監視・運用・保守における煩わしい作業すべてを一括して対応し、経験豊富なプロフェッショナルが最適なシステム環境を実現いたします。Google Cloud プレミアサービスパートナーであるアイレットに、ぜひお任せください。

Google Cloud サーバー監視・運用サービスページ:
https://cloudpack.jp/service/gcp/maintenance.html

その他のサービスについてのお問合せ、お見積り依頼は下記フォームよりお気軽にご相談ください。
https://www.iret.co.jp/contact/service/form/