はじめに

11/27に日本から出国、12/3に帰国という移動の時間も含めれば7日間の re:Invent 2022 が終わりました。
社会人になって、エンジニアになって、AWS と関わって、もうすぐ3年。
そんな僕がこの re:Invent 2022 で何を体験したかについて書きたいと思います。

Before re:Invent 2022

僕は不安でした。

人生で2回目となる海外。
社会人、エンジニアとしての経験が少なく、英語も全然喋れない。

こんな僕が re:Invent に行って何かを持ち帰って来れるのか。
そもそも、ラスベガスに行って、生きて帰って来られるのか。
不安でいっぱいでした。

ただ、そんな不安も出国の前日までにはかなり払拭できたのではないかと思っています。

それは何故か?

「オフラインのコミュニティイベントに積極的に参加したこと」

これが大きかったのではないかと思います。
オンラインイベントだと発表内容に触れることはあっても、発表と関係のない re:Invent に触れることはほとんどありません。
オフラインだと実際に人と会って、その後の飲み会等で発表と関係のない話をする中で、re:Invent の内容で話が弾みます。
それによって事前に re:Invent やラスベガスの情報を得ることができました。

実際にどれだけオフラインイベントに参加したのかというと、こんな感じです。

re:Invent にいく前に参加したオフラインイベント

==========
7月
JAWS ミート ~re:Born 東海道~

8月
JAWS-UG 名古屋 LT未経験者にも登壇して貰いたいLT会
JAWS-UGコンテナ支部 入門編 #7 初心者大歓迎LT大会

10月
JAWS DAYS 2022 – Satellites
【オフライン】JAWS-UG青森 2022 Autumn 【八戸開催】

11月
re:Invent 2022 Standby 事前勉強会
AWS re:Invent 2022 関西組 事前勉強会
[秋田] オフライン開催 フリーテーマでAWSを語る会 [初心者大歓迎]
四国クラウドお遍路 2022 -ノーコード時代の今だからこそ地方のクラウド活用再入門-
JAWS-UG 福岡 #13:10度目はちょっと濃い目にJAWS DAYS 2022を振り返り、re:Inventに備えよう

==========

日本各地を飛び回りました。
飲み会等で re:Invent の話をした会もあれば、していない会もありますが、そこで知り合った方々の Twitter/Facebook をフォローして知り得た情報もたくさんあります。

re:Invent 2022

セッション

オンラインでも見ることは可能ですが、現地で空いた時間にフラッと飛び入りで参加したセッションなど、オンラインでは動画を再生しないようなセッションを見て、知識の幅が広がったように思います。

Keynote
現地での盛り上がり・熱量が体験できたのは良い思い出です。

IMG_1565.jpg

Workshop
オンラインでは配信されないので、貴重な体験だったと思います。

IMG_1469.jpg

Chalk Talk
これもオンラインで配信されないものの、英語力が試されるので結構しんどいです。
でも自分が触っているサービスであれば、なんとなくは理解できます。
(ホワイトボードをスクリーンに映してのセッションです。)

IMG_1407.jpg

GameDay や Jam に参加しなかったのが心残りです…。

日本の方々との交流

セッションも面白かったですが、それ以上に日本の方々との交流が楽しかったです。

ますは Expo のコミュニティーブースでの1コマ!!

IMG_1428.jpg

DAY1の Keynote を一緒に見る会

image5.jpeg

シルク・ドゥ・ソレイユを観に行く前にご飯

image.jpeg

AWS HERO と記念撮影!!

Day3の飲み会

image3.jpeg

滞在最終日の飲み会

image2.jpeg

re:Play

最終日のナイトイベント re:Play です。

IMG_1623.jpg

DJ ブースのラストを締めくくるのは Martin Garrix。
(僕自身、EDM は詳しくないですが、世界No.1の DJ ですごいみたいです)
とりあえず、新卒の同期と DJ ブースの前の方に乗り込みました。

IMG_1641.jpg
IMG_1644 (1).jpg

それ以外にもアトラクションは盛りだくさんで、ドッヂボールとか人間クレーンゲームとか滑り台とか色々ありました。

IMG_1646 (1).jpg

After re:Invent 2022

もらった SWAG(お土産)。
1日目の SWAG をどこかに失くしたとは思えない量です。

おわりに

最高に楽しかった re:Invent 2022。
2022年の re:Invent は終わってしまいましたが、僕にとっては何かが始まったという感覚が強いです。
その何かがまだよく分かりませんが、後々人生を振り返ったときに確実に人生の転機になっていることは確かだと思います。

また、今回は英語ができなくてもなんとかやっていけましたが、英語ができればもっと楽しめたと思うと悔しさが残ります。
この後悔を糧に、英語力を身につけ、来年も re:Invent のチケットを獲得できるように頑張りたいと思います!

最後に今回の re:Invent を通してお世話になった皆様、お話しさせていただいた皆様。
皆様がいなければ、セッションを見てブログ記事を書いているだけの5日間になってしまい、こんなに楽しめなかったと思います!
この場を借りてお礼をさせていただきます。

ありがとうございました!

また、どこかでお会いすることもあるかと思いますのでよろしくお願いします!!

 

アイレットなら、AWS で稼働するサーバーを対象とした監視・運用・保守における煩わしい作業をすべて一括して対応し、経験豊富なプロフェッショナルが最適なシステム環境を実現いたします。AWS プレミアティアサービスパートナーであるアイレットに、ぜひお任せください。

AWS 運用・保守サービスページ

その他のサービスについてのお問合せ、お見積り依頼は下記フォームよりお気軽にご相談ください。
https://www.iret.co.jp/contact/service/form/