AWS re:Invent 2022で行なわれた、「What’s new with Amazon DocumentDB」のセッションレポートです。

この記事は、要点・見どころ・ポイントについてまとめます。

セッション概要

Title

What’s new with Amazon DocumentDB

Amazon DocumentDB の新機能

タイトルが直前になって変更されました↓

Scaling with Amazon DocumentDB Elastic Clusters

Amazon DocumentDB Elastic Clusters によるスケーリング

Overview

Amazon DocumentDB (with MongoDB compatibility) is a fully managed native JSON database designed for scaling enterprise workloads. Amazon DocumentDB provides you the flexibility of a document database without the time-consuming database administration tasks, freeing you to focus on innovation. In this session, learn about the newly launched feature, Amazon DocumentDB Elastic Clusters. Amazon DocumentDB Elastic Clusters scale within minutes to handle millions of reads and writes with petabytes of storage capacity, helping you cost-effectively meet the needs of your most demanding document workloads. Learn how you can use Amazon DocumentDB Elastic Clusters to meet your throughput and storage needs without managing instances or underlying infrastructure.
Amazon DocumentDB(と MongoDB の互換性)は、エンタープライズワークロードをスケーリングするために設計された、完全に管理されたネイティブ JSON データベースです。Amazon DocumentDB は、時間のかかるデータベース管理タスクなしでドキュメントデータベースの柔軟性を提供し、イノベーションに集中することができます。このセッションでは、新しくリリースされた機能である Amazon DocumentDB Elastic Clusters について学びます。Amazon DocumentDB Elastic Clusters は数分以内にスケールアップして、数百万の読み取りと書き込みをペタバイトのストレージ容量で処理し、最も要求の厳しいドキュメントワークロードのニーズにコスト効率よく対応できるようにします。Amazon DocumentDB Elastic Clusters を使用して、インスタンスや基盤となるインフラストラクチャを管理することなく、スループットとストレージのニーズを満たす方法を学びます。

Services

Amazon DocumentDB

Session type

Breakout Session

Speakers

    Rashim Gupta, Senior Manager, Product Management, Amazon Web Services
    Vin Yu, Super Product Manager, Amazon

Report

DocumentDB から新機能「Elastic Clusters」が登場

Amazon DocumentDB Elastic Clusters が GA されました!

Elastic Clusters は、毎秒数百万の読み取り/書き込みとペタバイトのストレージ容量でワークロードをサポートしてます。

Amazon DocumentDB (with MongoDB compatibility) is a scalable, highly durable, and fully managed database service for operating mission-critical JSON workloads. It is one of AWS fast-growing services with customers including BBC, Dow Jones, and Sam...

Amazon DocumentDB Elastic Clusters は、ユーザーが MongoDB シャーディング API を活用してクラスターを拡大できるようにする新しいタイプのAmazon DocumentDB クラスターです。 Elastic Clusters は、データを配布し、複数の基礎となる計算インスタンスとボリューム間で計算することにより、実質的に任意の数の読み取りと書き込みをペタバイトのストレージ容量で処理します。

Agenda

Amazon DcoumentDB とは?

  • JSON オブジェクト構造で持つデータベースサービス
      ・JSON データの保存、クエリ、インデックス作成が簡単
  • MongoDB 互換データベース
      ・俊敏でスケーラブル
  • フルマネージドサポート
      ・高可用性
      ・パッチ自動化
      ・モニタリング
  • MongoDB API の互換性

なぜ Document Database を使う必要があるのか?

利点

  • JSON data
  • 柔軟なスキーマ
  • アドホッククエリ
  • フレキシブル

DocumentDB は非常に多くのカスタマーが利用している。
DocumentDB は2019年からスタートし、他 AWS サービスに比べて新しいサービスである。

追加された機能

  • 新リージョン
      ・イタリア、中国など
  • インスタンスの高可用性
      ・Graviton2 instanse availvability
  • クエリ機能
      ・Geospatial indexes
      ・Aggregati onoperators
      ・Dcimal128
  • Enterprise management features
      ・Dynamiic voulme resizeing
      ・Dast database cloning
      ・Query auditing (now with DML)
      ・Performance Insights(preview)

Elastic Clusters の紹介

例えば、JSON ファイルをキャビネットに格納するイメージで、多くなればなるほどキャビネットの段数も増える。
Elastic Clusters はこういったケースも柔軟に対応し、スケールアップまたはアウトし、スケールインまたはダウンも可能となる。

  • ワークロードのスループットを秒間数百万単位の読み取り/書き込みをサポートしている
  • 3つの可用性ゾーン( AZ )で高可用性となっている
  • Elastic Clusters は1つ以上のシャードで構成されている
  • Elastic Clusters とは?
      ・俊敏でスケーラブル
      ・フルマネージド
      ・MongoDB API の互換性
          - 100件以上の API 操作をサポート

How it works

DocumentDB cloud-native architecture

  • 重要なポイントはコンピューティングとストレージの分離であり、これはスケーリングできるため
  • データ移動は関係なく、分散ストレージボリューム
    • インスタンス(レプリカ)を追加できる
    • 移動は同じ分散ボリュームとなる
    • 通常は6つのコピーを作成するが、支払うのは1つだけ
    • 非常に耐久性の高いサービスを提供

Elastic cluster arhitecture

  • クラスターがそれぞれシャードとなる
  • 重要ポイントはそれぞれ独自の計算能力を持っていること
  • それぞれ独自のWrite機能があり、ストレージパーティションがある
    • これがペタバイトストレージを実現し秒間数百万の書き込みを実現している

What makes a good shared key

優れたシャードキーに2つの重要なポイントがある

1.Evenly distributes storage

  • データを配布するにはシャードキーが必要
  • シャードキーがストレージを均等に分散するため、データが得られる
  • 例えば10のシャードと10テラバイトのデータがあった場合、シャード全体に均等に分散できる

2.Evenly distributes load

  • シャードの1つに多くのクエリを投げるのはよくない
    • Challenge 1: Uneven data distribution
      • データが不均等であっても時間が経つにつれて、書くシャードキーは64テラバイトのデータを単独で処理できる
    • Challenge 2: Uneven load distribution
      • データの負荷不均等に分散される可能性がある
      • そのため1つは高濃度(一意な値の数が多いもの)を選択
      • 2つはシャードの頻度と使用パターンを選択

How is it priced

短いシャードキーを選択する必要があるが、前払いのコストで使用した分だけ支払うことができる

  • Compute: vCPUs per hour
  • Storage: GB per month
  • Backup: GB per mounth

締め

今ならフリートライアルも可能なので、DocumentDBを使って試してみましょう

まとめ

事前に登録されてた情報が「What’s new with Amazon DocumentDB」のタイトルでありましたが、Keynote で「Elastic Clusters」が発表されたためかセッションのタイトルが急遽変更されてて戸惑いました…。
セッションは1時間のところ30分で終わりましたが、実際にデモを拝見し興味深いセッションとなりました。
ブレイクアウトセッションで実際にデモを行なっていてわかりやすかったのも印象に残りました。

以上


アイレットなら、AWS で稼働するサーバーを対象とした監視・運用・保守における煩わしい作業をすべて一括して対応し、経験豊富なプロフェッショナルが最適なシステム環境を実現いたします。AWS プレミアティアサービスパートナーであるアイレットに、ぜひお任せください。

AWS 運用・保守サービスページ

その他のサービスについてのお問合せ、お見積り依頼は下記フォームよりお気軽にご相談ください。
https://www.iret.co.jp/contact/service/form/